Thumbs upper

悪いねよりいいね

Escape from Tarkovの始め方

まだそもそも自分が始めたばかりで、しかもコミュニティメンバー向けに書いた初心者ガイドなので雑です。

もうちょっと詳しいことも書きました thumbsupper.hatenablog.com

日本語のwikiはまだ充実してるとは言えません。英語のwikiは個別情報や関連アイテムは充実しているのですが、他のゲームのwikiにしても、英wikiは、手始めにやることや、その後の遊び方を書かない傾向があります。コメント欄も付けないため、コミュニケーションの機能もありません。遊んで学べ・データは置いておくというのが英語圏の一般的なスタイルのようです

英語圏スタイルは、対戦要素のあるオンラインゲームだと問題があると思います。Tarkovの場合だと、SCAVでマップやNPCのSCAVの配置を覚えつつ金を稼いで、PMCでタスクをこなすという大まかな方針すら書かれません。無駄に装備を消費し、お金を稼げなければ、ナイフプレイから脱却できず、つまらないということになりかねません。個人的な話が長くなったぞ

マップを開いておく

初見でこれなしでは出口に辿り着けません。これから行くマップの地図をブラウザなりスマホなりに開いておきましょう。なお、ゲーム内で販売しているマップは、あまりに情報がないので役に立ちません

Map of Tarkov - Escape from Tarkov Wiki

SCAVをやる

SCAVは4人まででグループを組んで遊べるモードです。装備はランダムで支給されるもののみなので、死んでもあまり気になりません

始め方

f:id:tsukudatsuku:20180520105650p:plain ESCAPE FROM TARKOVを選ぶ

f:id:tsukudatsuku:20180520105711p:plain SCAVを選んでNEXT。これから出撃する自分の格好が映っている

f:id:tsukudatsuku:20180520105745p:plain 好きなマップと時間帯を選んでNEXT

f:id:tsukudatsuku:20180520105927p:plain NEXT

f:id:tsukudatsuku:20180520110225p:plain READYを押すと始まる。グループはここで誘えるので、フレンドにはこの画面まで来てもらう。フレンドは上の方に優先表示される。名前を右クリックしてINVITE IN GROUPする。以後は、グループのリーダーのみがREADYできるようになる

NPC

NPCは基本的に友好関係です。共闘もできます。ロシア語を喋るのは彼らだけです。声が聞こえたら、気軽に会いに行きましょう。彼らの居場所が、重要な拠点や出口の場合が多いです。アイテムを漁っている間の見張りも兼ねてくれます。0.9パッチで実装されたSCAVボスとその護衛は敵対していて武装が強いので、近寄らないでください。今のところマップCustomsのガソリンスタンドと2階建て・3階建ての寮に出現します

NPCには駐留地点や巡回ルートがあるので、いる場所が決まっています。場所は最初に開いてもらった英wikiのマップに記載があるので、参考にしてください。そこ以外で会った人は、敵のプレイヤーです。直ちに殺害しましょう

NPCに攻撃する(銃口を向けたりエイムしたりするのは大丈夫です)と、周辺のNPCと敵対関係になります。NPCも多くのアイテムを持っているので、フレンドと協力して拠点内のNPCを制圧すれば、恩恵を受けれます。初期支給でバックパックを持っていないことがあるので、NPCから奪うのは有効です。一通り追い剥ぎを終えて次の拠点に平然と行ってもNPCは味方です

出撃

それで、まず出撃したら、右上に書いてある脱出地点を確認します。2-4箇所が指定されています。地図を見つつ、この地点を目指しましょう。しばらくすると表示が消えてしまうので、また確認したい時は、"O"を2回押します。地図でも位置が分からない場合は、YouTubeで「(出口名) tarkov」のように入れて動画を探しましょう

グループで出撃している場合でも、各々の脱出地点は多少異なるので注意してください。何かしら1つは共通の脱出地点があります

注意したいのが、??:??:??となっている脱出地点です。これらには、脱出タイミングが存在します。脱出用の乗り物が来ていなかったりフレアが焚かれていなかったりするようなタイミングでは脱出できません。そして、乗り物系の脱出地点は1人から数人までしか受け付けないようなので、??の地点は、全員で脱出したいグループなら、避けた方が無難かもしれません。また、鍵が必要な脱出地点も存在しますが、他の人が開けていた場合、自分も利用できます

f:id:tsukudatsuku:20180520101745p:plain Shorelineの脱出地点の1つであるPier Boat。乗り物系の脱出地点であり、既定の人数しか脱出できない。ボートが来ていない場合も脱出できない

このゲームにはグループのメンバーが分かるHUDは一切存在せず、もちろんフレンドリーファイアもありなので、出撃地点で互いの格好を確認しておきましょう

水分

脱出までの時間は長く設定されていますが、あまり長居をすると、キャラの水分がなくなってきてしまいます。水分がなくなると、体力が徐々に削れ、昏倒したような状態になっていき、最終的に死に至ります

TABキーでインベントリを開くと、左下に水のマークがあり、これが現在の水分を表しています。水分以外の項目(お腹の減りを表すと思われるエネルギーとか)もありますが、未実装だったり、ほとんど減らなかったりする項目なので、気にする必要はありません

水分は飲料があれば補充できるので、飲み物があれば、長く探索を続けられます。MRE(米軍のレーション)のような水分を補充できる食料もあります。しかし、多くの食料は水分を失うので注意してください

治療

始めのうちは銃声と反対の方向に行く等して交戦を避けるべきですが、偶然プレイヤーと会って倒すも負傷してしまったということもあるでしょう。負傷したら、その辺でよく拾えるものとしてはBandage(包帯。通称:板東英二)が使えます。持っていたらすぐ使ってください。部位が出血で使えなくなるのを防ぎます

次に自分の体の状態を見てみます。TABキーでインベントリを開いたら、左上からHEALTHタブを選ぶと見ることができます。HEADやCHEST(胸)が0になっていたら死にかけもいいとこなので、すぐに脱出を目指してください。STOMACH(腹)が0の場合も危険で、水分が急速に失われていきます。水分を補給したり最寄りの地点から速やかに脱出したりしましょう。LEG(脚)が0ならまともに動けません。致命傷でこそないですが、やはり脱出を目指すべきでしょう。Painkillerを使えば一時的に走れるようになります。絆創膏のようなXマークがあったら、それはFlesh Wound(生傷)で、包帯の治療が成功した状態です。2分間安静(走るぐらいなら大丈夫だめみたいです)にしていれば完全に治ります

最後に(体見る前にやっていいと思いますが)体力の回復です。その辺で取れるものとしてはAI-2 medikitが100まで体力を回復してくれます。AI-2は、カロリーメイトみたいな見た目ですが、回復アイテムなので間違えないでください。他にもCarやSalewaがたまに拾えます。これらは回復量も多い上に、Bandageのような止血効果もあるので便利です。Salewaはクエストで使うので、最初のうちは持ち帰っておきましょう

f:id:tsukudatsuku:20180522151510p:plain 胸の体力1だけで生き残った例。左足は止血中なので、手持ちの鎮痛剤(Painkiller,Morphine)を飲み、走らずに普通に動けば、なんとか脱出できるだろう。HEADに出ている座禅のような表示は、鎮痛効果が適用中であることを示している。これだけボロボロで体温が平熱とは、やはりロシア製の超人は一味違う

アイテム

これだけ分かっていれば、後は好きにやって覚えていけると思います。アイテムは、棚の上、コートの中、車の開閉可能トランク(レアなのは少ない)、レジ(お金)、金庫(お金や高級品)、収納棚(鍵や雑貨)、それっぽいバックや箱(いくつか種類がある)などにありますが、これも見て覚えていきましょう

見事脱出できれば、服装も含めたすべてのアイテムを倉庫(Stash)に移すことができます

初期支給品だけでもそれなりに価値があるので、初めはとにかく脱出を目指すというのもいいと思います

TIPS

  • NPCにはグループという認識がないので、グループの誰かが攻撃した場合、その攻撃者のみを敵対とみなす
  • SCAVとPMCを選ぶ画面やロード中の画面の時点で、自分の格好を確認できる
  • 出撃時の支給品にBandage、AI-2 medikit、IFAK、Pain Killerは最初から入ってることがある。グループメンバーが負傷したら、分けてあげるとよい
  • SCAVにはクールタイムが20分あり、続けてプレイはできない

アイテムを売る

確実にお金を得る手段です。商人によって買い取り価格が違います。買ってくれない商品も異なります

Praporは、武器関係のものを買ってくれます。武器以外でも買ってくれるものはまぁまぁあるので、色々売りやすいです。0.9パッチで追加されたスモークグレネードとフラッシュバンは、Fence以外では彼にしか売れません

Therapistは、医療品や雑貨を高く買ってくれます

Fenceは、何でも買って、何でも安く買いたたいてきます。ナイフは彼にしか売れません

Skierは、衣類、アクセサリー、バックパックを高く買ってくれます。一部の武器関係はPraporより高く買ってくれます

Peacekeeperは、ドルでしか買ってくれません。彼が扱うドル売りのものを買うのに使えます。ルーブル換算すると高く買ってくれているものが実は多いです。ルーブルが十分ある状態なら、Peacekeeperに売るのはありと言えます

Mechanicは、武器関係をPraporよりちょっと高く買ってくれます

Ragmanは、買ってくれるものが少なく、買い取り価格も安めです。一見最悪ですが、後述の商人との友好度の関係もあり、無視できない存在です

初めのうちはTherapist→Skier→Prapor→Fenceの順で売っていけばいいと思います

商人からタスクを受ける

いわゆるクエストです。タスクをこなすと、商人との友好度を上げることができます。様々な報酬ももらえるので、積極的にこなして、Tarkovの世界を楽しみましょう

商人との友好度が一定値まで上がる(以外の条件もありますが)と、レベルが更新され、新しい商品を扱ってくれるようになります。例えば、Therapistは、Aspetic bandageの上位であるArmy bandageを売ってくれるようになります。強力な商品を購入できるようになれば、今後のゲームプレイの手助けになるでしょう

最初はPraporTherapistから受注します

Fenceは、そもそも友好度がないので、タスクがありません

Skierは、PraporとTherapistのミッションをある程度進めると出てきます

Peacekeeperは、Skierのタスク"Friend from the West. Part2"を完了すると追加されます

Ragmanは、自分のLvが15になると解禁されます

f:id:tsukudatsuku:20180520102512p:plain 受注するには、商人のページからTASKSを選んで、ミッションを選び、真ん中上のACCEPTをクリックする

画像のSkierは、初めから現実時間の3日以内にミッションを終わらせるように要求してくるので、ミッションの内容を調べるまでは受注しない方がいいです。失敗すると、友好度が下がりますアップデートで、期日のあるタスクは全て、期日が廃止されました

PMCをやる

PMCは5人まででグループを組んで遊べるモードです。自分が選んだ装備で出撃できますが、死亡すればすべてを失います

持ち物

遠足には持ち物が欠かせません。必須かなと思うもののみ、しおりに記載します。他は各自調べて持って行きましょう。おやつは喉が渇くので禁止です

好きなもの。初めはSCAVで取ってきた7.62x39mm弾を使用するもの(VPO-136やSKS等)やショットガン(TOZ除く)がおすすめです。失った時の悲しみが小さいので・・

弾薬

好きなもの。初めから購入できるものの中での最良は、7.62x39mmがPS弾、SGは12x70 Buckshotになります。性能は十分です。進んだ話になりますが、SGはガチ装備のプレイヤーには何発か当てる必要があるでしょう。正確には、現行パッチのアーマーの弱点である腕や脚への命中が必要です。バイザーのないヘルメットであれば、ヘッドショットも有効です

タクティカルリグ

マガジンやグレネードをしまう作業服といったところです。遠足に作業感が出ますが仕方ありません。ゲーム購入の特典で倉庫に入っているAVSがベターではありますが、初めから購入できるものとしては、SCAV Vestが安価で作業感が薄く、スカベンジ系遠足キラーには愛されています

バックパック

ゲーム購入の特典でMBSSが倉庫に入っていると思います。当分はこれがおすすめです。カラーが選べないのは残念ですね。敵を倒せば現地調達もできますが、殺伐とした遠足になることが予想されます。Pilgrimという紫色の大型旅行者バッグ(登山バックっぽいですが)を持っている人もいるので、遠足好きなら奪うこと間違いなしです

飲み物

私はレモンティー派でしたが、初めから購入できるものは水しかありません。探索中心であれば、バッグによく飲みかけのリンゴジュースとか入っているので、なくてもいいかもしれません。でも間接は嫌だし遠足ではやはり欠かしたくない

回復

最初から買えるものでは、カロリーメイトみたいなAI-2とBandageの併用ができます。セラピストのタスクを進めればCARを売ってくれるので、それまでこの2つで頑張りましょう

鎮痛剤

くれへんか。上級者も愛用のAnalgin Painkillerが2本あると、辛い痛みに効いてきます。脚を壊されると普通に動けなくなります。これを飲むと一時的に普通に動けるようになります。ただし、走ったりジャンプしたりすると少しダメージを食らいます。最初はSCAVのショットガンで脚を壊されることが多いので、必ず持っていきましょう。体がボロボロでも、帰れれば遠足です

保険

出撃前に装備品に一定額で保険(Insurance)をかけることができ、その装備を奪われていなければ、後々返品されてきます。仮に取られても、そのプレイヤーが脱出できなければ、同様に返品されます

自分で見えにくい草むらなどに捨てて、誰にも取られてない場合も、返品されます。自分の持ち物と取り換えてでも入手したいものがある時に活用できます

Preporに頼めば24-36時間(実時間)で、Therapistなら12-24時間で返ってきます

コンテナ

POUCHの部分に装備できるアイテムです。初期のコンテナの種類は、購入したエディションにより異なります(上位ほど収納数が多い)。コンテナの中に入っているものは、死亡しても失いません。なので、多くの人が、重要な鍵、現金、高級品等を収納します

SCAVの場合は最初から装備していません。ほとんどないとは思いますが、落ちているコンテナがあったら、装備できるかもしれません

NPC

今回は彼らは敵です。倒せるときに倒し、時には警戒の目を抜けてスルーしましょう。しゃがみや伏せの状態だと、発見されづらくなります。おそらく被弾率も下がります。敵の巡回場所では慎重に動きましょう

夜は、フラッシュライトを向けられない限り、気づく範囲が狭いようです。さらに夜で豪雨というような場合であれば、草むらで伏せた場合、かなり近くでも発見されません。NPCを倒すのが目的であれば、プレイヤーの少ない夜を選ぶのはおすすめです。ナイトビジョンを付けたプレイヤーがいると面倒ですが・・

NPCの配置は手が込んでいて、散開・密集を繰り返したり、高台や高い岩場にスナイパーを配置したりしています。高所の敵は特に目がいいので気を付けましょう

NPCは音に反応してゆっくりと近づいてきます。森の多いマップWoodsでは、1人倒すと6人やってくることもあります。基本的にはじっとして敵が寄ってくるのを待って1人ずつ殺していく、もしくは2・3人倒したらバックパックやポケットだけ漁り、素早く撤収するのがいいでしょう。慣れれば積極的に殺せるようになると思います

TIPS

  • タスクは、PMCでしか達成できず、SCAVの時は達成できない。物品を集めるタスクの時は、SCAVで集めたものを渡しても問題ない
  • 実はSCAVとPMCは同じサーバーでプレイしているため、中身入りのPMCと、NPCのSCAVと、中身入りのSCAVが存在する
  • PMCとして死亡したプレイヤーはドックタグを落とす。ドックタグは、身に着けていたプレイヤーのレベルによって、高く売ることができる。ドックタグを一定数回収するタスクも存在する。ドックタグには、殺されたプレイヤーの名前やレベル、死亡時間、殺した人の名前や武器等が書かれている。死んだ仲間のドックタグを集めるのも面白いだろう

SCAVとPMCをサイクルする

初めのうちはPMCでタスクをこなすことも重要なのですが、やはりお金を貯めることも重要になってきます。ノーリスクで脱出だけでも稼げるSCAVをプレイすることは、序盤では重要です。同時に安全にマップを覚えていくこともできます。なので、序盤はSCAVとPMCを交互にプレイするといいでしょう

TIPSにも書きましたが、SCAVは20分のクールタイムがあります。PMCで早々に死んでしまった場合は、クールタイムを待つか、もう1度PMCにトライしましょう

最後に

ガイドは以上になります。現在のTarkovのルールは、弱肉強食ではありますが、ゼロサムというわけではありません。お金が欲しければ、物を取って脱出すればいいのです。NPCだけを殺すか、もしくは一切交戦せずとも、お金は増やせます。コンテナもあるので、金策にとてつもなく困ることはありません。PMCで何度もやられて悔しい思いをすることもあるでしょうが、SCAVもあるのだしと、気楽に楽しんでもらいたいと思います

参考になる動画 www.youtube.com 特にAK-74Nのカスタム方法動画がとても参考になります